Blog闇ブログ

美容にまつわる最新情報の発信の他、美容業界の闇の話、美容師の本音の話など、かなりギリギリの発言を心がけたいと思っています。

加温器無しで髪整形はできません。

INNOVATIONは加温器が必須の髪整形技術

INNOVATIONは還元剤を使用した髪整形技術で縮毛矯正とは違います。

INNOVATIONは加温器を持っていないサロンでは導入困難です。

今回は加温器による還元促進の話をします。

INNOVATIONはダメージに合わせて効果が増します。

INNOVATIONは還元を利用したトリートメント以上の効果を出す髪整形(チューニング)する技術です。

縮毛矯正剤のようにアルカリ度、チオ濃度、pHなどで比較されますが、酸性であり加温器を使う技術ですので比較ができません。

化粧品登録のため弱い薬剤と考えハイダメージ部分にぶっつけ本番で使用すると

チリチリになります。

数値ではなくINNOVATIONの薬剤で感覚を手に入れてください。

医薬部外品の縮毛矯正剤は加温器の使用をすると薬事法違反になるものもあります。

INNOVATIONは化粧品登録しており、化粧品の企画内に収まるように設計された薬剤です。

ですが、4種の還元剤の配合を繰り返して1番の効果が出る配合を生み出しました。

それにより、軽く抜けるような指通りと髪整形による髪のお悩み解決ができるようになりました。

加温器が必要な理由

これまではアルカリを利用した膨潤技術で短時間の還元施術が可能でした。

ですが、INNOVATIONは酸性で還元させます。

アルカリの入っていない薬剤ですので、キューティクルの還元のみを行います。

酸性では加温器が還元速度を早めるのに効果的なのです!!

基本マニュアルです。

*バージン毛だと加温器に60分以上入れないと効果的でない場合があります。

もっと細かいマニュアルが欲しいという方にはPHLの伊達さんが考案したマニュアルがあります。

ダメージをポイント計算して加点していくシステムでかなり精度の高い参考資料です。

これまでの感覚と同じように施術していると、癖が残るという方が多いです。

加温器を使用する時間が今までの感覚と違いますが、髪質改善の中でもその場で髪質が変わる即戦力になります。

INNOVATION施術例

 

こちらでは縮毛矯正した後の毛髪にINNOVATIONをする注意点をおしらせします。

まず縮毛矯正がペタンコになると諦めていたモデル様

髪整形,イノベーション

注意が必要な毛先縮毛矯正のパターンです!!

*この場合は毛先のみでしたのでダメージ部分まではワンタッチで液つけします。

*ハイダメージの毛先はハイトーンカラーでもなくダメージが少ない状態です。

TOTAL加温時間はこんな感じでした。

髪整形,イノベーション

毛先部分は10分もあれば還元できるかと思いました。

カラーでも明るくなりにくい髪質の方なので軟化不足の状態でした(感覚です)。

なぜならハイトーンカラーや縮毛矯正、くせ毛の強い方はロッドでの軟化チェックに適していません。

熟練したプロの経験が成功への鍵です!本当にスペシャリストの育成が大事です。

結果はこの通り。

髪整形,ビフォアーアフター

ブラシもコテもアイロンも使用せずの仕上がりです。

ドライしている時から手触りの良さがわかります。

キューティクルの施術で髪整形する最初の対象はこちらがおすすめ。

うねりやボワつき、ねこっ毛のくせ毛でも強いくせ毛じゃない方。

おすすめできないのはクセ毛の強い方とブリーチされている方です。

この方達は決してぶっつけ本番でやらないでください!!

そしてキューティクルのない方はしないでください!!

デジタルパーマの人は上記に気をつけながらINNOVATIONΣの工程をしてください。

イノベーションαの動画マニュアル

INNOVATION α のカラー同時施術動画マニュアル

INNOVATION Σ の動画マニュアル

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事